“ちいさいまつり”の“あとのまつり”

ーーーーーーーーーーーーーーー

【奇跡の共演者、緊急大募集!】

ーーーーーーーーーーーーーーー


《“あとのまつり”を盛り上げたい!!!》


はじめまして。マザーアース代表の萩原優子&ギフトシェア代表の龍見亮太です!

今回、“ちいさいまつり”の主催とは直接関係のない私たちですが、ちいさいまつりが終わった今、最高潮の熱量でこの記事を作成しています(笑)


このページは、みんなでつくる奇跡のストーリー“あとのまつり”へのお誘いです。


以下、“あとのまつり”の詳細をまとめました。


長くなりますが、ぜひ、お付き合いください^^


ぜひ、みんなで“ちいさいまつり”の“あとのまつり”を盛り上げていきましょう!



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
“ちいさいまつり”の“あとのまつり”
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


《“ちいさいまつり”から生まれた“でっかいムーブメント”》


“ちいさいまつり”とは、2月10日・11日に沖縄県南城市で開催されたイベントです。当日1,000名の来場があっただけに留まらず、“ちいさいまつり in 〇〇”という形で全国に広がり、全都道府県(合計60ヶ所)同時開催やテレビに取り上げられるなど “でっかいムーブメント”にまで発展しました。


(ちいさいまつり打ち上げ後の集合写真)


(ちいさいまつり in 国立がテレビに取り上げられました)



その立役者となったのが、ちいさいまつり発起人の優花さん。「分かち合い、結び合い、ギフトをシェアして循環する世界へ」というメッセージを表現しようと、 イベントのメインテーマに掲げたのが「ギフトシェアリング」。


「ギフトシェアリング」とは、「対価を期待せずに自分のギフトを分かち合う生き方」のこと。そんな、一見理想論だと感じるような世界観をたくさんの人たちと共有しようと、優花さんはおおきな挑戦をし、結果として、たくさんの人たちがこのイベントにギフトを持ち寄る流れが生まれ、それが全国にまで波及していったのが5日前の出来事です。


(野外ステージで歌う心屋仁之助さん)


(全国一斉開催のzoom中継①)


(全国一斉開催のzoom中継②)


(全国一斉開催のzoom中継③)



《きっかけとなった優花さんの“希望”の選択》


そんな“ちいさいまつり”が“でっかいムーブメント”になるきっかけとなったのは、昨年末に投稿された「500万円をギフトシェアします♡」という優花さんのブログ記事。なんと優花さんは、イベント開催にかかる経費をすべて自分がギフトすることから始めるという決断をしたのです。



通常、こういったイベントは参加費を有料にするか、スポンサーをつけて予算を確保した上で開催するのが一般的。しかし、優花さんは、


「ちいさいまつりは私がやりたいこと。私が“喜び”でこのおまつりをギフトシェアすることから始まることに意味がある」


「みんなにまずは《受け取る》を経験してもらって、そこから《与える》の循環が生まれたら嬉しい」

「自分の“喜び”をシェアしたときに、どんな“奇跡”が起こるのかを見たい」


と、自分からギフトの連鎖を始めるという“希望”の選択をしたのでした。


実際に、そんな優花さんの“希望”の選択から、ギフトの連鎖は波紋のように広がりました。当初は予定していなかった“全国一斉開催”の企画が生まれたり、たくさんの人から 「自分も何かしらをギフトしたい!」と様々なギフトが持ち寄られ、ちいさいまつりは大成功をおさめたのでした。


(野外ステージフィナーレ写真)


(ちいさいまつりスタッフ写真)



《お誘い!奇跡のストーリー“あとのまつり”の共演者募集!》


私たちは、優花さんからちいさいまつりのお話を聞いたときから、彼女を見てきました。きっとたくさんの葛藤とぶつかりながら、「それでも奇跡を信じる」と覚悟を決め、すべてをギフトするという選択に至ったんだと思います。


だからこそ私たちは、そんな奇跡を実際にみんなで起こしたい、私たちもそんな奇跡に立ち会いたいと思い、このプロジェクトを立ち上げました。




《奇跡のストーリー“あとのまつり”の共演者になってもらえませんか?》


“あとのまつり”とは何か? 一般的には「手遅れ」という意味で使われる言葉です。でも、今回はあえてその意味をひっくり返して、


「まつりが終わったと思ったら、すごいまつり(=あとのまつり)が遅れてやってきた!!!」


という現象を起こしたいと思ったんです。



日本には「情けは人の為ならず」という諺があります。「人に情をかけておけば(良い行いをすれば)、めぐりめぐって自分に良い報いが返ってくる」という意味の言葉です。今回、それを実際にみんなで起こしちゃいませんか?


それは「すべてをギフトする」と決断した優花さんに「与えた以上のギフトが、めぐりめぐって返ってきた」という奇跡の実現。


具体的には「お金も、思いも、ご縁も、そしておまつりも、めぐりめぐって返ってきた」というストーリーです。



きっと、優花さんが「すべてをギフトする」と決断したときには、とても大きな不安があったと思います。それでもやりきった彼女に私たちはとびっきりの賞讃を贈りたい。


彼女に「与えた以上のギフトが返ってきた」という体験をギフトしませんか?「情けは人の為ならず」が実際に起こる奇跡を一緒につくりませんか?


そのために、お願いがあります。



「奇跡のストーリー“あとのまつり”に参加してください!!!」



お一人いくらでもかまいません。今回はあえて、一般的なクラウドファンディングのようなリターンは何も用意しません。あくまでも純粋なギフトの思いで、この“あとのまつり”にご参加頂ける方を募集します。


ご共感・ご賛同頂いた方はぜひ、以下の銀行口座までお振込をお願いします!!!


【銀行】ゆうちょ銀行 【記号】14370
【番号】89406711 【名前】ギフトシェア


(他銀行機関から振り込む場合)
【店名】四三八(ヨンサンハチ) 【店番】438
【預金種目】普通預金 【口座番号】8940671



目標は、“ちいさいまつり”開催から2週間後である【2月25日(月)】までに【200万円以上】です。


今回、協賛などのギフトを差し引くと、200万円が集まれば、優花さんがギフトした分はめぐりめぐって、彼女の元に戻ることになります。もちろん、200万円を超えて集まった分もすべて彼女にお届けします。だって、「ギフトがめぐりめぐって増えて返ってきた」ってロマンがあって素敵だと思いませんか? 私たちは、そんな素敵な奇跡をみんなと一緒に共有したい。


ぜひ、ご共感頂けた方は、共演者になってください。あなたのギフトが、優花さんの奇跡になります。そしてきっと、今回あなたが贈ってくれたギフトも、めぐりめぐってあなたの元に返ってくると信じています。


ともにギフトがめぐる世界を生きていきましょう。

あなたのご出演、お待ちしています^^


“ちいさいまつり”の“あとのまつり”

発起人 萩原優子&龍見亮太



(ちいさいまつり当日の風景)



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
“ちいさいまつり”の“あとのまつり” 参加方法
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


(1)“ちいさいまつり”のストーリーを聞き、あなたの中で何かが溢れ出たら、ピンときた金額を、以下の口座にお振込お願いします。

【銀行】ゆうちょ銀行 【記号】14370
【番号】89406711 【名前】ギフトシェア


(他銀行機関から振り込む場合)
【店名】四三八(ヨンサンハチ) 【店番】438
【預金種目】普通預金 【口座番号】8940671


(2)振込時、必ずお名前の記載をお願いします。すべての方のお名前を優花さんにお伝えします。


(3)メッセージがある方は、以下のアドレスまでメールにてお送りください。(※任意)

【メールアドレス】giftshare88@gmail.com


(4)2月25日(月)までに集まったお金とメールは、すべてまとめて優花さんにお届けします。2月25 日以降にお振込を頂いても、管理は保証できかねますので、必ず2月25日23時59分までにお振込をお願い致します。


(5)ご協力、ありがとうございます!!!

0コメント

  • 1000 / 1000